トピックス一覧

航空宇宙工学専攻ロゴマーク決定

本専攻では"航空学科再開50周年記念行事"の一環として、ロゴマークを制定することになり、デザインを公募しました。学内外の皆様から寄せられた34点もの力作について、専攻内教職員で構成する選考委員会で投票による選考を行った結果、石松 拓人さん(本専攻修士課程)の作品が最多得票で選定されました。今後、ロゴマークは、本専攻のホームページに掲載されるほか、専攻が作成する封筒や便箋、学会発表のビューグラフなどにも広く印刷される予定です。

【ロゴマークと説明】
航空は風を切る流線的なイメージなので、空色で風や渦をデザインし、宇宙は無限に直線的なイメージなので、すっと伸びた宇宙空間をデザインしました。また、内燃機関の研究とも関連付けて、マーク全体で漢字の "火" に近い形にし、さらに本専攻の英名 "Aeronautics & Astronautics" の頭文字 "A" を模した形にもなっています。上記のマルチミーニングを持ち、最先端の分野に相応しいシャープなデザインになったと思います。[石松さんの応募書類より]

no image

航空宇宙工学専攻 ロゴマーク

2004/11/26

PAGE UP