トピックス一覧

3月24日(土)と25日(日)の両日、"第2回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト"(日本航空宇宙学会主催、東京大学21世紀COEプログラム"機械システム・イノベーション"等共催)が大田区で開催されました。
これは、学生によって設計・製作された機体により、飛行中の機体から床に置かれた文字カードを読取り、その正確さと飛行時間を競う大会です。
今回、本学科からは2チームが参加し、2年生チーム"toko2"号(串田、渋井、奥田、種子田)は初出場ながら無事帰還を果たしました。4年チーム"飛悠人(ひゅうまん)"号(谷口、古賀、アドリアナ、伊海田、児玉)は、障害物に激突して帰還は成りませんでしたが、結合翼形態のユニークな機体を設計製作して飛行実証させたことに対し、"ベストクラフト賞"を獲得しました。

詳しくは こちらのページをご覧ください。

no image
no image

出場チームとtoko2号(上)、飛悠人号(下)

2007/04/02

PAGE UP