トピックス一覧

青木翔平君、HCI に関する国際会議で Best Papers に選定

2014年3月にバルセロナ(スペイン)にて開催されたHCI(ヒューマン=コンピューター・インタラクション)に関する国際会議 ACHI2014 (The Seventh International Conference on Advances in Computer-Human Interactions)において、当専攻博士課程在学の青木翔平君(堀研究室)が Best Papers のひとつに選ばれました。

 

青木君発表の論文は、"Rapid Prototyping Spiral for Creative Problem Solving in Developing Countries" (S. Aoki, K. Hori) と題し、発展途上国においてはさまざまな制約が存在する故に、かえって先進国とは異なる創造的な設計が行われる場合があることに着目し、それを促進する設計支援システムを提案しています。バングラデシュやガーナにおける著者自身の実践例を踏まえた議論も高く評価されました。

 

青木君は、今後約2ヶ月に亘りガーナに滞在し、本論文の実証実験を引き続き行うとのことです。


ガーナの青木君(左から4人目)

2014/05/08

PAGE UP