トピックス一覧

東大チーム、エアバス航空機産業アイデア学生コンテストで世界ベスト5に入賞

Airbus社が主催し、学生を対象とするアイデアコンテスト"第4回 Fly Your Ideas"において、東大学生チーム "Birdport" が、日本初となるファイナリストに選抜される快挙を遂げ、2015年5月27日に、ハンブルク(ドイツ)で開催された最終選考会と表彰式 "Fly Your Ides 2015 Final" に招待されました。

 

東大学生チーム "Birdport" のアイデアは、先行都市開発や気候変動による生態系の変化を背景に近年増加する航空機の鳥衝突問題に対して、航空安全と鳥の保護を目的に、空港の代替として適した人工営巣地「バードポート」の設置や、無人機による鳥の自動誘導を提案するものです。

 

東大学生チームは、本専攻修士課程2年の宮谷聡君、本学科卒業生の木村元紀君(現・新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻修士課程2年)、中村友哉君、上西智君、スクリット・ウィナヤウェーキン君(システム創成学科4年)で構成され、アカデミックメンターとして中村裕子 東京大学総括プロジェクト機構特任助教が加わっています。本コンテストでは、多様性あるチーム編成が推奨されており、東大学生チームも専門分野・学年・国籍を異にする学生が、多彩な発想で問題解決策を持ち寄ったほか、積極的に関連分野の実務家や専門家と交流することで、高い評価を得る提案につながりました。

 

当コンテストは「将来を担う若者達の航空業界への興味を喚起し、持続可能な航空輸送を実現するための斬新なアイデアを、国境や人種を越え た多様な仲間たちと共に考える機会を提供すること」を目的としています。選考プロセスは3段階から成り、第1ラウンドでは104カ国・518チームから書類選考により100チームを選定。第2ラウンド(2014年11月)では、各チームの提案内容を映像化したビデオ(2分)、英文レポート(5000語)に加え、ソーシャルメディアを通じた積極的な活動アピールに基づき、上位5チームがファイナリストに選抜されました。

 

最終選考では、最優秀チームと次点のチームが発表され、それぞれデルフト工科大学(オランダ)の "Multifun" チーム、および、サンパウロ大学(ブラジル)のRetrolleyチームが受賞しました。

 

【関連】 : Fly Your Ideas のページ

no imageFly Your Ideas 2015

ファイナリストと共に

 

no imageバードポートの構想図

(Airbus サイト より転載)

 

no image発表練習には多くの先生方に

ご協力いただきました。

 

 

 

2015/06/07

PAGE UP