トピックス一覧

浅川純・柳沼和也君、熊谷剛・松本幸太郎君、東大アントレプレナー道場のコンテストで最優秀賞と優秀賞を受賞

10月29日(土)に東京大学で開催された、第12期「東京大学アントレプレナー道場」上級コース最終発表・審査会(ビジネスプランコンテスト)において、本専攻博士課程1年の浅川純君と柳沼和也君(小紫・小泉研)のチームが最優秀賞を、同修士課程1年の熊谷剛君(堀・矢入研)と松本幸太郎君(鈴木・土屋研)のチームが優秀賞を、それぞれ受賞しました。

 

東京大学アントレプレナー道場は、東京大学産学協創推進本部が提供する教育プログラムです。受講生は、課題の発見→解決法の着想と知的財産権利化→着想を実現する起業→事業化に繋がる計画立案まで、実践的に学びます。プログラムは、初級・中級・上級コースから成り、上級コースでは、受講生のチームが考案したビジネスプランを、約2カ月間にわたる議論を通じて推敲し、最終発表・審査会(ビジネスプランコンテスト)で披露します。

 

両チームの名称および提案事業は次の通り。

《最優秀賞》
+〔チーム名〕Bee-R
+〔メンバー〕浅川純(代表者/小紫・小泉研)、柳沼和也(小紫・小泉研)
+〔事業名〕宇宙電力インフラ事業

 

《優秀賞》
+〔チーム名〕Smart Code

+〔メンバー〕熊谷剛(代表者/堀・矢入研)、松本幸太郎(鈴木・土屋研)
+〔事業名〕みんなであそぶプログラミングスマートトイ Smart Code

 

no image

柳沼君(左)と浅川君(右)。

no image

熊谷君(左)と審査員と松本君(右)。

 

2016/12/30

PAGE UP